元シングルマザーのシニアライフ(仮)

一人息子を亡くした元シングルマザーの日々のメモです。

3か月半

パートの掛け持ちを始めて3か月半。
日によって出勤する場所が違うというのもいいかも。


今年は住民税非課税なので国保税もかなり安くなって助かった。
去年の1/10くらいではないだろうか?
私の住む市では寡婦医療費助成があって、去年は所得制限に引っかかり受けられなかったが、今年は受給できるだろう。
そんなこんなで、その日暮らしは続くのだなぁ。


税金や使える制度と所得のバランスを考えて働く必要があるかな。
もっとも、そんなことを気にせず稼げるくらいだと楽なんだけどな。
たくさん稼いで税金も払っていくのがなんだか気分いい感じがする。


去年は収入が少ないから遠くに出かけたりするのを控えていたけれど、今年は行きたいところに行ってみよう。
小田和正のコンサートも松任谷由実のコンサートも行っちゃうんだ。


今日はとんでもなく湿度が高い。
全国で猛暑日の予報も出ている。
今日は年下の友人たちと飲み会。
楽しもう♪


仕事を休む

先月末から家族が体調不良で、7月に入ってから仕事や有償ボランティアをほとんど休んでしまいました。
幸い、回復しているので、来週からは仕事ができると思います。


子育て中の親御さんも同じかと思いますが、何かあったときに仕事の予定を調整できるかどうかは重要だと思います。
あるいは、家族の対応を代わってくれる人がいるかどうかです。


有償ボランティアの予定をキャンセルするとき、
「こっちはボランティアなんだから、都合のいいときにやればいいの。」
と言われてほっとしました。
とても心強く思いました。


個人事業主だと自分の代わりはないって思いがちでしょうね。
そういえば、業務委託している会社で以前、隣県の仕事を担当する人が急に都合が悪くなり、代わりに行ける人がいないかという一斉メールがきて驚きました。
そういうこともありなんだと。


しかし、私の今の働き方は、年間◯日とか月◯日とか◯月△日などと縛りがあり、仕事をして報酬?賃金?を得る形なので、休めば収入が減るということです。
ある意味、個人事業主みたいな働き方なんだなとふと思いました。


今日はB社の勤務でしたが、休まなくてはなりません。
仕事自体、今日休んでも問題はないのですが、今日の日給がもらえないんだなーと思うと、働くことについていろいろ考えさせられます。


もっとも、体を休めることは働くために大事なことなので、疲れたら休まないといけません。
先週末からの暑さでただでさえこたえていたところ、家族の体調不良やエアコンクリーニングのために部屋を片付けるとか、普段と違うことをして体に負担がかかりました。
だからリフレッシュすることを心がけます。

仕事を取って来る

とある料金表を眺めて考えました。
1か月に1日2時間以内の案件で1年契約で約36万円。
(返金なし)
研修講師が1回3万円。
個別相談(6か月フォロー)が1件3万円
マッチングがうまくいけば、年間契約36万円を5つ取れたらいい感じじゃないのかなと。
需要はあるので、どうマッチングさせるかだと思います。


今は、週2〜3回のパートを2か所に、業務委託の仕事1か所と、有償ボランティアをいくつか。
7月から月1日の嘱託の仕事をすることにしています。


だんだん、週3〜4日働いて月収50万円への道へ少しずつ近づいてきましたね♪