元シングルマザーのシニアライフ(仮)

一人息子を亡くした元シングルマザーの日々のメモです。

メモ

私が具体的に起業を考える前から、というか自分が起業するという選択肢はそもそもなかったけれども、そういう働き方もあるんだなーといろんなブログを眺めていた数年前。


どこから知ったのか覚えていないけれど、長友暢さんっていい感じの人だなぁと思いました。
ブログの健康診断というサービスを提供していましたっけ。
最近、久しぶりにこのかたのブログを読み、参考になるなぁと思います。


そして、ブログの記事にマツダミヒロさんのことが書かれていて、なんだか色々繋がるもんだなぁと思います。



「もし興味あったら」
「あなたのタイミングで選んでね」



こういうクロージング、私も共感します。



結果はおまけ

うまくいく、失敗する、

という「結果基準」で動くよりも


やっぱり

「やりたいか、やりたくないのか」


という「キモチ基準」で動きたい。

 
より


心屋さんのブログを読んで
ビジネスってそういうことだよねって思いました。


うまくいくかどうかなんて、やってみなければわからない。
それならばやりたいことをやる。
そうすることで「損してもいい」って思えるんだろう。



応援してもらえる

ツイッターで福祉施設の利用者さんが作った髪飾りが売れないと書いてたつぶやきに1000以上のリツイートといいねがついて、早速、Webで販売することにしたらしいです。


応援してくれる人も買いたい人もいるようだから、うまくいきそうな気がします。
売れる仕組みが作れるといいですね。
しばらくフォローしてみたいと思います。


私は来週、初めてのセミナー開催で、施設の人も内容に興味を持ってくれてるのですが、募集は施設にお任せで、チラシを手にとってくれた人がいたかどうかですね。


マーケティングはお客様を具体的に絞ることが大事らしいですが、そう思って今回のセミナーの企画をしたんです。
だから、その施設の利用者さんの多くはセミナーの対象とならないお客様だと思うのです。
必要な人に届くことが重要で、タイミングの問題もあるのかもしれません。