元シングルマザーのシニアライフ(仮)

一人息子を亡くした元シングルマザーの日々のメモです。

お小遣い稼ぎ

私がネットでお小遣い稼ぎを始めてから10年以上経ちます。
元々は、パートを雇い止めになって、失業保険をもらうようになるのと同時に始めました。
いろいろなポイントサイトに登録して、ひたすらポチポチする日々。
それからアンケートサイトですね。
頭や体、気を使わなくて済むので楽ですが、時間がかかる割には合わないなと思います。
でもそんなものかな。
アンケートも報酬が多い案件は掲載されてすぐに終了しちゃう。
結構、皆さんこまめにチェックしてるんだな。


それでも半年くらいかけて5,000円くらい報酬がもらえたりするので、「チリも積もれば」の気持ちでポチポチして10年。(笑)
本当に、雀の涙程度しか稼げていないけれど、ないよりマシですね。


本気で稼ぎたいなら、ネットでお小遣い稼ぎを探すより、外にアルバイトやパートに行った方がずっと稼げます。
でもいつか自分が本当に働きたい業界や職場で働くんだと思っているので、その場しのぎのパートに応募する気が起きません。
それに履歴書で落とされる気がします。
私の経歴でなぜ応募したのかと思われて、不採用になった経験もいくつかあります。
無駄な時間はなるべく使わないように、意味のない不快な思いはしないようにと思います。


それなら、起業して個人事業主になり、自分の好きなこと得意なことで自分が必要なだけ稼げるのが一番いいなと最近は思います。


私が勤めに出たいと考える理由は、社会保険のためです。
年金や健康保険の保障があれば安心だと思うからです。
しかし、それ以上に収入があるならば、厚生年金にしがみつかなくてもいいわけで。


老後の私が年金だけで暮らすのは厳しいと思うので、そこも見据えて起業で収入を多く得られるようになりたいなと思っています。


起業セミナー

なかなか再就職が決まらないので、収入を得る選択肢としての起業の勉強をしてみようと思いました。
私はいわゆる寡婦(夫と死別または離別し、再婚していない女性のこと)なので、最終的には終活まで見据えてライフプランを考えないといけないと思っています。
70歳過ぎて働くとしたら、起業だろうなと思い、数年前から起業セミナーのようなイベントに参加していました。


そのうち、知人に頼まれた仕事をするようになりました。
しかし、1件2,000円とか4,000円で、たまにしかないわけです。
自分が提供できるサービスなどで直接対価をいただくという経験がなかったので、本当に最初の一歩みたいな感じです。


私は歳をとった時の収入はできるだけ年金で賄いたいと思っています。
だから、年金加入期間をできるだけ長くしたいし、健康保険も加入できた方がいいです。
もっとも、起業して個人事業主としてたくさん稼げれば、年金に頼らなくてもいいし、国民健康保険でも十分だと思いますが、今の段階では何とも…


とりあえず、いつでも起業できるように準備だけはしようと思い、起業セミナーに参加しました。
事業を始めるノウハウの基本的なところはきちんと押さえたいなと思います。


ネットを見ると個人がやってる起業塾のようなセミナーがあふれています。
セミナージプシーになるのは嫌なので、なるべく公的なところで学びたいと思います。


数年前に初めて起業セミナーに参加した時は、具体的な事業のイメージがつかめなくて中途半端になった気がします。
今は収入がないこともあり、少しだけ経験もしたこともあるので、事業を組み立てるイメージがなんとなくつかめています。


ツイッターを見ていて、私は子どもの頃から沈黙のコミュニケーションになりがちだったなと思いました。
沈黙のコミュニケーションは暴力と同じくらい破壊的なコミュニケーションだそうです。
気づかずに大人になってしまったんだなと色々思うところはあります。
今、気づけばいいよね。


なんだかまとまりませんが、私のまとまりのないぐるぐる思考をアウトプットする意味でも書いていきたいと思っています。

元職場の人たち

地元の夏まつりが近づいてます。
私の元職場では会社で団体出場していて、退職した後も混じってお祭りに参加していました。
会社を辞めても繋がっていられるのはうれしいなと思います。
昨日は、最後の練習会があって、何人かの人たちと久しぶりにしゃべって楽しかったです。
楽しいことすればいいんだなと思います。
楽に生きることにつながりますね、きっと。
そして楽しいことをするというのは、行動することです。


一昨日、暑さが和らいで体が楽になったので、片付けに手をつける気力が湧きました。(笑)
行動する前は
「あー、やらなくちゃ、やらなくちゃ。」
「あー、今日も10秒片付けすらできなかった。」
という思考回路なのですが、
「新しい収納ケースを買おう。」
「古雑誌をまとめられた。」
と実際は大して状況が変わっていなくても、少しでも行動することで楽になるところがあるなと思いました。
行動して楽になる快適さを繰り返すことかな。